カテゴリー
プライシングニュース

ユニフェイス、IoT化支援の工程管理システム「IB-Mes」中小向けにサブスク化、1万1,000円/人から


プライシングスプリント

製造業向けIoTパッケージシステムの開発・販売事業を展開するユニフェイスは22日、製造現場向け工程管理システム「IB-Mes(アイビー・メス)」を中小企業向けに改良し、サブスクリプション(サブスク)型クラウドサービスとして4月からプレリリースすると発表した。

1ユーザーにつき月額1万1,000円となっており、企業情報とユーザー情報を登録することだけで、利用を開始できるようになっている。

ユニフェイスは製造業向けIoTパッケージシステムの開発・販売事業を展開しており、これまで大企業を中心に、オンプレミス版のIB-Mesを導入してきた。

その際、導入企業からは「残業時間80%削減」や「不良低減目標30%の達成」などの口コミを得ていた一方で、中小企業からは「コストが高くて導入できない」という声もあった。

そこで、オンプレミス版で開発・販売してきたシステムを、中小企業でも簡単にIoTを始められるよう、サブスク型クラウドサービスに改良したという。
ユニフェイスはIB-Mesの展開により3年後には3倍となる10億円規模の成長を目指している。

SaaS事業の価格体系とは

SaaS(Software as a Service)とは、電子メールやカレンダー、スケジュール管理、ドキュメント作成、人事・給与・勤怠・労務管理、プロジェクト管理などのアプリケーションをインターネット経由で提供するサービスである。

中でも「IB-Mes(アイビー・メス)」は従量課金制というユーザー数や使用時間などの利用した“量”に“従”って課金する、価格体系となっている。

他にも単一価格モデル、複数パッケージ価格モデル、フリーミアムの三種類の価格体系があり、それぞれの価格体系に異なったメリットやデメリットがある。

カテゴリー
プライシングニュース

サイバーテック、マニュアル共同制作システム「PMX」月額5万円からサブスク開始


プライシングスプリント

マニュアル共同制作システムのサブスク開始

企業のマニュアル制作を支援するサイバーテックは19日、マニュアル共同制作システム「PMX」を、サブスクリプションサービス(サブスク)という形で提供開始した。

マニュアルの共同作成、多言語コンテンツ対応、自動組版や電子マニュアルのハイブリッド配信といった機能を搭載したクラウドサービスとなっている。
価格体系は次の3種類となっている。

プラン 価格
ライト 5万円/月

(初期費用10万円)

スタンダート 10万円/月

(初期費用20万円)

アドバンスト 要問い合わせ

(初期費用30万円〜)

コンテンツを一元管理するマニュアル作成システムは、一般的に数百万円後半から数千万円の価格が相場だが、PMXは全て自社開発を行うことで、提供価格を抑えたという。

複数パッケージ価格モデルとは

提供するサービス内容の違いにより2つ以上の価格帯を提供する価格体系を複数パッケージ価格モデルという。複数の価格帯で提供することで、複数の顧客セグメントに対してのニーズを満たすことが可能となっている。

今回のように法人向けのサービスであれば、大企業か中小企業かで、セグメントごとに価値と合う価格で提供できる。

カテゴリー
プライシングニュース

家具のサブスク「CLAS」Withコロナ対応のオフィス家具シリーズ提供 月額6,380円から

快適なオフィス空間を重視 「cowaku」

家具・家電のサブスクリプションサービス「CLAS(クラス)」は15日、働く空間の快適さに注目したPB家具「cowaku(コワク)」シリーズの提供を開始した。
「cowaku」シリーズは、Withコロナに際してレイアウトや運用を柔軟に変化させる必要が生まれたオフィス環境にフォーカスし、開発された。

価格は家具やサイズによって異なるがソファは月額6,380円、テーブルは月額2,420円から選べる。

cowakuはコの字のワク

「CLAS」によれば、「cowaku」は大きな空間に「小さな枠=cowaku(コワク)」を作りだし、枠の外との空間を区切りつつも、やわらかくつなげることをテーマにしている。
個人が作業に集中したり、数人でリラックスして会話したりと、一つの空間にさまざまなシーンを作り出すことができる。

CLASの特徴

「CLAS」で取り扱っている家具・家電とサブスクリプションは非常に相性がよい。
サブスクリプションモデルでは、従来の売り切りモデルよりも顧客との関係を長期的にできる。
また、顧客側は勤務形態の変化による人数の増減に合わせてデザインできる。

デジタル系の多いサブスクリプションサービスだが、このようなモノをサービス化していく非デジタル系のサブスクリプションも今後さらに増えていくだろう。

カテゴリー
プライシングニュース

お茶ブランド「CHASURU」のサブスク開始 月額2,200円から


プライシングスプリント

お茶のサブスクがスタート

ホテルやアパートメントのコンサル・開発・運営を行う蒼樹(ソーウッド)は21日に、茶屋ブランド「CHASURU」のお茶を定期購入できるサブスクリプションサービス(サブスク)「恋する茶する」の提供を開始した。

発酵度合いで健康効果が異なる6種類のお茶からライフスタイルに合ったものを提供する。商品は3種類のプランがあり、任意のお茶3袋、お花ブレンド2袋、果物ブレンド2袋の計7袋入りを1セットとしている。

 

商品名 内容 価格
お試しセット 毎月 7袋 月額2,200円(税込)
おすすめセット 毎月14袋  月額3,520円(税込)
ファミリーセット 毎月28袋  月額5,280円(税込)

 

コロナ禍で在宅時間が増えた影響もあり、お茶を飲む機会が増加した。そのことから、毎日飲めるように定期便があると嬉しいといった顧客のニーズが多くなり、サービス開始に至ったという。

サブスクが流行っている理由

サブスクが流行っている理由は次の3つである。

・インターネットの普及

・消費者の意識の変化

・物流の進歩

これまでのIT産業の発展や物流の発展、経済状況の変化に大きく影響しているサービスである。サブスクは、ものを所有するのではなく、利用するという消費者意識の変化を表しており、時代を表すようなビジネスモデルである。

カテゴリー
プライシングニュース

カラーズとアピリッツ、実店舗とサブスクで犬の食事をサポート「ごはんの窓口 」提供 月額5,000円から

サブスクリプション型ドッグフードサポートサービス「ごはんの窓口」を設計・開発

アピリッツは14日、ペット関連事業を手掛けるカラーズのサブスクリプション(サブスク)型ドッグフードサポートサービス「ごはんの窓口」を設計・開発したと発表した。

ごはんの窓口は、リアル店舗だけでなく、犬の食事の専門家「ペットフーディスト」が自分の愛犬にあう食事を提案し、定期的に届けるサービス。会員はペットフーディストによるカウンセリングを利用できる。カウンセリングでは、悩みや要望を伺い、ドライフードだけでなく、ウェットフード、サプリメント、おやつなど幅広い選択肢から愛犬の年齢や健康状態に合わせて愛犬に合う食事を提案する。

また、ペットフーディスト監修「フード診断」は、3分ほどの診断で愛犬に合うドライフードとデイリーバランスサプリの組合せがみつかる。商品は希望のサイクルにあわせて定期的に自宅に届けられる。

ごはんの窓口は、1か月分およそ5,000円~1万5,000円でフードプランを提案する。商品、愛犬の体重や健康状態、お届けサイクルによって金額は異なる。

リカーリングとは?

サブスクリプションの1種にリカーリングというものがある。リカーリングのメリットは、顧客に継続的な支払いを促すため、収益が安定することがあげられる。

継続的な収益の安定化は、将来得ることができる利益を予測でき、事業に対してより有意義な投資が可能になる。

顧客にとっても、リカーリングは自動的に金額が引き落とされるという手軽な請求システムのもとでサービスを利用することができるのがメリット。毎月支払ったかどうかについて不安になったり、記憶を辿ったりする必要がなくなることは、顧客側の精神的ストレスを軽減させることにつながる。

カテゴリー
プライシングニュース

現代アートのサブスクCasieコンパクトサイズのアート「プチアート」が登場 月額2,200円

家に飾るプチアートのサブスクサービスがリリース

現代アートのサブスクリプションサービス(サブスク)を提供するCasieは、家に飾るコンパクトなサイズのアートである「プチアート」を13日よりリリースした。

プチアートでは、1点モノのアナログ原画のアート作品を提供している。サイズも最大縦25cm、横20cmのコンパクトなサイズで、スペースを気にすることなく飾れるという。

作品は、1か月に1度交換可能だ。また、Casieの独自開発のアルゴリズムを用いることで、作品の中から自分と相性がいいアートの出会いをサポートしてくれる。

Casieのプチアートサブスクの流れ(出典:Casieプレスリリース)

プチアートの取扱点数は2021年4月13日で1,326点。

料金は、月額2,200円(税込・全国送料無料)。

サブスクリプションの増加の背景

近年アートや車などかつては所有しなければ使えなかったモノがサブスクで利用できるようになってきた。

こうしたサブスク形態のサービスが増えているのは、モノを所有するのではなく、利用するという消費者意識の変化を表しているといえる。

カテゴリー
プライシングニュース

月額0円でも使える 日程・予定調整AIサービス「スケコン」4月6日より 本格提供開始

日程・予定調整AIサービス「スケコン」に新たな機能が加わって本格提供へ

自社開発を行うTIME MACHINEは、日程・予定調整AIサービス「スケコン」を6日よりサービスアップデートし、本格提供を開始する。

スケコンは1対1から複数人までの予定を自動で調整できるAIサービスである。Google等のカレンダーサービスと連携して自動的に対象者の空き時間を抽出したり、打ち合わせやランチの予定などを調整できる。

今回のアップデートで、オンライン名刺交換や過去にスケコンを利用した方との会議記録の取得、また打ち合わせ日程の確定と同時にZoomのURLが自動発行されるなど、ビジネスコミュニケーションに必要な多数の機能を搭載した。

Scheconイメージ(出典:TIME MACHINEプレスリリース)

スケコンは、予定調整に関するあらゆる悩みを解決することで、新しい挑戦や体験を得られる時間を生み出す“タイムハック”の支援していきたいという。

料金プランは次の3つがある。

予定調整回数/月 料金(税込)
フリープラン 4回まで 無料
スタンダードプラン 16回まで 792円
ビジネスプラン 無制限 1,188円

※年払い価格は、スタンダードプラン660円/月、ビジネスプラン990円/月

サブスクリプションモデルのデメリットとは

多くの企業が採用しているサブスクリプションモデルは顧客データを蓄えられる・売上が安定するなどのメリットがある。

一方で、サブスクリプションにおけるデメリットも様々考えられるので、注意が必要である。

カテゴリー
プライシングニュース

初期導入コスト0円 収益化をサポートする 新サービス「Chapters」がリリース

クリエーターやコンテンツホルダーのための新サービス「Chapters」がリリース

ノーコードを活用したWebサイト開発などを行うアカリは、個人や法人のクリエーター、コンテンツホルダーの収益化を支援するSaaS型プラットフォーム「Chapters(以下チャプターズ)」をリリースした。

チャプターズは、「プロセスエコノミー」の考え方をベースにした収益化プラットフォームで、従来のように完成品を商品として販売するのではなく、完成品に至る製作過程を公開し、ファンを集客し、宣伝・課金する仕組みを持っている。

これによりクリエーターとファンとのコミュニケーションを活性化させるだけでなく、課金コンテンツを用意すれば、新たなビジネスチャンスを生み出すことが可能であるという。

Chaptersイメージ(出典:アカリプレスリリース)

価格体系は、ユーザー数に応じた従量課金である。

従量課金制

従量課金制は、ユーザー数や使用時間などの利用した“量”に“従”って課金する、価格体系の1つである。顧客目線だと「使った分だけお金を支払う」仕組みといえる。

ユーザーの使用状況に応じて金額が確定し、請求されるため、金額に対する顧客の納得を得やすくなる。また、ユーザーの利用状況によっては、一定の金額で使い放題の場合と比べ、より多くの金額を請求できるため収益の最大化につながる。

カテゴリー
プライシングニュース

大興電子通信  1人当たり1,500円で配属を支えるSaaS型システム「カラタレ」提供開始

SaaS型タレントマネジメントシステム「カラタレ」の提供始まる

大手システムインテグレータの大興電子通信は1日に、ネットワンパートナーズが提供するSaaS型タレントマネジメントシステム「カラタレ」の販売を開始した。

コロナ禍の現在、リアル面談の機会が少なくなり、配属判断は今まで以上に経験や勘に頼らざるえなくなっている。しかし、カラタレを活用することで、経験や勘に頼っていた配属判断を定量的な裏付けに基づいて実施することが可能であるという。

カラタレにより従業員の活躍の場を広げることが可能となり、職場になじめない従業員の退職・離職抑止のほか、ハラスメントの防止や社内コミュニケーション強化といった効果も期待できる。

カラタレの販売目標としては、今後3年間で1万IDのライセンス販売を見込んでいる。
      

利用料金

料金は、3か月お試しパッケージで、1人あたり1,500円のユーザー数による課金制を採用。

こうした課金体系は、従量課金制と言われる。
従量課金制は、ユーザー数や使用時間などの利用した“量”に“従”って課金する、価格体系の1つ。

ユーザーの使用状況に応じて金額が確定し、請求されるため、金額に対する顧客の納得を得やすくなる。また、ユーザーの利用状況によっては、一定の金額で使い放題の場合と比べ、より多くの金額を請求できるため収益の最大化につながるといえる。             
                                                                                                     

カテゴリー
プライシングニュース

スタディサプリ ENGLISH 月額6,028円の英会話セットプラン登場

英会話セットプランが新日常英会話コースにも登場!

スタディサプリ ENGLISHを運営するリクルートマーケティングパートナーズは3月23日より、「スタディサプリ ENGLISH新日常英会話コース」に「英会話セットプラン」を追加すると発表した。

オンライン英会話アプリ「ネイティブキャンプ英会話」と提携したプランで、内容理解クイズやディクテーション、キーフレーズチェックなどのインプット機能、さらにスピーキング力向上のためのリード&ルックアップ、瞬間発話プラクティスなどのアウトプット機能で自学自習できる。

さらに、その内容を「ネイティブキャンプ英会話」でグローバル講師陣との実践・総復習が可能になる。

スタディサプリ ENGLISH新日常英会話コース「英会話セットプラン」概要(出典:リクルート プレスリリース)

利用料金は月額6,028円(税込)と6か月パック3万2,868円(税込)の2つがある。

対応プラットフォームはiOSアプリ、Androidアプリ、PCとなっている。

このコースでは、事前にアプリで学んだキーフレーズを英会話で実践する形式のため、英会話初心者でも利用できるという。

フリーミアム戦略

スタディサプリENGLISHは、新規の会員に7日間の無料トライアルを実施している。
この無料トライアルに似た戦略にフリーミアムがある。

フリーミアムと無料トライアルの違いは、サービスを利用できる期間と機能である。
期間の面では、フリーミアムモデルでは無料プラン利用可能な期間に制限がないのに対して、無料トライアルでは期間が限定される。

機能の面では、フリーミアムモデルの無料ユーザーは一部の機能しか利用できないのに対して、無料トライアルではほぼ全ての機能が利用可能。

フリーミアムと無料トライアルのどちらが、どのサービスに向いているかは一概にはいえないが、原価がかかり続けるサービスかが1つの重要な観点である。