カテゴリー
プライシングニュース

お茶ブランド「CHASURU」のサブスク開始 月額2,200円から


プライシングスプリント

お茶のサブスクがスタート

ホテルやアパートメントのコンサル・開発・運営を行う蒼樹(ソーウッド)は21日に、茶屋ブランド「CHASURU」のお茶を定期購入できるサブスクリプションサービス(サブスク)「恋する茶する」の提供を開始した。

発酵度合いで健康効果が異なる6種類のお茶からライフスタイルに合ったものを提供する。商品は3種類のプランがあり、任意のお茶3袋、お花ブレンド2袋、果物ブレンド2袋の計7袋入りを1セットとしている。

 

商品名 内容 価格
お試しセット 毎月 7袋 月額2,200円(税込)
おすすめセット 毎月14袋  月額3,520円(税込)
ファミリーセット 毎月28袋  月額5,280円(税込)

 

コロナ禍で在宅時間が増えた影響もあり、お茶を飲む機会が増加した。そのことから、毎日飲めるように定期便があると嬉しいといった顧客のニーズが多くなり、サービス開始に至ったという。

サブスクが流行っている理由

サブスクが流行っている理由は次の3つである。

・インターネットの普及

・消費者の意識の変化

・物流の進歩

これまでのIT産業の発展や物流の発展、経済状況の変化に大きく影響しているサービスである。サブスクは、ものを所有するのではなく、利用するという消費者意識の変化を表しており、時代を表すようなビジネスモデルである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です