カテゴリー
サブスクリプション

サブスクリプションとは?導入メリット・ビジネスの成功事例

サブスクリプションは、近年拡大しているビジネスモデルです。この記事では、サブスクリプションとは何かを売り切りモデルと比較し、メリット・代表企業を紹介します。

サブスクリプションとは

サブスクリプションとは、商品やサービスの使用権を定期購入するビジネスモデルです。単発的に購入してもらう「売り切りモデル」と比較されます。

売り切りモデルと比較すると、顧客との長期的な関係が築けるため、顧客データが集まりやすい、収益が安定するなどのメリットがあります。

有名なサブスクリプションの事例として、「Netflix」などの動画配信サービス、「Spotify」に代表される音楽配信サービスがあげられます。さらに近年は、お菓子やコーヒー、車などの実商品や、企業向けサービスにもサブスクリプションは適用されています。

サブスクリプションのメリット

サブスクリプションのメリットを顧客視点、企業視点から解説します。

顧客のメリット

サブスクリプションサービスを利用するメリットは次の3点です!

・消費の選択肢の増加
テクノロジーの発達とサブスクリプションの普及により、消費者はモノを所有・消費するという考え方だけでなく、体験を享受する「コト消費」という選択肢も持つようになりました。

契約期間内のみで「コト消費」のできるサブスクリプションは、消費者にとって合理的なビジネスモデルです。

 

・コストパフォーマンスが良い

動画・音楽などのストリーミングであげられるような使い放題型のサブスクリプションサービスでは、月額料金を払うことで期間内にサービスを無制限に楽しめます。そのため、売り切りモデルの商品を都度購入するよりもコストパフォーマンスが良いです。

・手厚いサポート

サブスクリプションサービスは、顧客の継続率が非常に重要であるため、顧客の課題を積極的に解決しようとします。売り切り型ビジネスの購入後のサポートに比べて、サブスクリプションサービスでのサポートは、問題対応のスピードや手厚さが優れていることが多いです。

企業のメリット

「長期契約をねらう」サブスクリプションの特性から生まれる、サブスクリプションのメリットは次の3点です。

・継続的な収益が見込める

サブスクリプションは、顧客に定額でかつ継続的に課金してもらうことで、収益に持続性があるビジネスモデルです。そのため、一度サービスが確立すると、安定的な収益構造を構築できます。

・顧客データやフィードバックにもとづく商品開発

サブスクリプションでは、売り切りモデルよりも、顧客との接点が多くなり、顧客データを多く得られます。そのため、顧客のニーズに沿ったサービス改善をおこなうことが可能です。

・新規顧客を獲得しやすい

サブスクリプションは、売り切りモデルと比較して、導入時のコストを安くすることが可能です。そのため、顧客は気軽に導入でき、新規顧客の獲得につながります。

サブスクリプションを取り入れて作られたサービス

サブスクリプションモデルを導入し、開始したサービスを紹介します。

Salesforce

Salesforceは、クラウド型のビジネスアプリケーションで、顧客管理(CRM)を中心に、目的に合わせて複数の製品を組み合わせて使えるプラットフォームです。

CEOのベニオフ氏は売り切りモデルのソフトウェアを販売していたオラクルで、「このサービスをオンデマンド(ソフトウェアを内製化するのではなく、外部のソフトウェアを好きな時に利用できる仕組み)化できないか」と考えて、SaaSとして、Salesforceを販売し始めました。

そのため、SalesforceのSaaSにおけるサブスクリプションモデルは、その後のソフトウェア事業のスタンダードになっていきました。

AWS(Amazon Web Service)

AWS(Amazon Web Service)は、従量課金モデルのサブスクリプションを採用しているサービスです。

IaaS(Infrastructure as a Service)と呼ばれる、企業向けにオンラインインフラを提供するサービスなのですが、その特徴として、サービス提供開始当初から従量課金モデルで展開していることがあげられます。

安く始めることができ、利用拡大したら課金し、使わなくなったら課金しない従量課金により、AWSはインフラとしてさまざまな企業や個人に利用されるようになりました。

air Closet

air Closetは2015年に開始された洋服レンタルサービスです。月額定額課金で、洋服レンタルに加えてプロのスタイリストのコーディネート提案を受けることができます。

また、サブスクリプションのメリットである「顧客データやフィードバックにもとづく商品開発」を実践している企業でもあり、コーディネート提案に対するコメントや感想を蓄積していき、それをもとに顧客が求めるコーディネートができるように改善しています。

タイムズカーシェア

タイムズカーシェアは、パーキング「Times」で有名なパーク24が手がけるカーシェアサービスです。課金モデルは、超過従量課金制モデルとなっており、月額880円を支払った上で、880円分は無料で使え、それ以上の利用は利用時間単位で支払います。

各地の駐車場などの「ステーション」から気軽に利用できることに加え、より日常の中での利用を促すという点から、既存のレンタカーとは差別化されています。

テーラードカフェ

カフェ業界にも、サブスクリプションは取り入れられ始めています。2020年開店のテイラードカフェはその1つで、開店当初から、月額3,800円で1杯400円のコーヒーが飲み放題になるというサブスクリプションモデルを取り入れています。

サブスクリプションに移行した事例

売り切りモデルからサブスクリプションへと移行した代表例を3社紹介します。

Apple

Appleは、2003年に発表された世界一の音楽販売プラットフォーム「iTunes」を展開していました。

サブスクリプションへの移行は、2015年に発表された「Apple Music」で行われています。Apple Musicは、音楽ストリーミングサービスで、7,000万もの曲が聴き放題です。現在は推定で前回5,600万人が利用していると言われています。

Adobe

「Photoshop」や「Illustrator」などのソフトウェアを提供するAdobeは、2011年に売り切りモデルの販売に加えて、年契約のサブスクリプションプランを開始しました。

売り切りモデルではヴァージョンをアップデートするのに数年の歳月がかかってしまうのに対し、サブスクリプションモデルを導入することで、短いスパンでのアップデートを可能にしました。

Adobeの場合は、いきなり売り切りモデルをやめてサブスクリプションにするのではなく、サブスクリプションプランをお得になるように設定し、自然に顧客をサブスクリプションモデルへと移行させることで成功しました。

Microsoft

Mirosoftは、WordやPowerPointなどの誰にも馴染み深いソフトウェアを、売り切りモデルで提供していました。しかし、2011年に、サブスクリプションモデルのMicrosoft365(企業向けサービスはOffice365)を提供し始めました。

まとめ

サブスクリプションは、近年拡大しており、特にオンラインサービスにおいては、中心的な課金モデルになっています。既存のサービスをサブスクリプション化させる企業もあれば、サブスクリプションモデルの事業を新しく始める企業もあります。

サブスクリプションサービスでは、バリューベースプライシングという価格戦略が有効です。価格設定・プライシングにお困りの事業者様は一度プライスハックにお問い合わせください。

カテゴリー
サブスクリプション

サブスクリプションモデル導入のメリット3選|売上向上に効果的な価格戦略を解説

私たちの日常にとって当たり前になりつつある、サブスクリプションモデルは、企業にとってどんなメリットがあるのでしょうか?この記事は、サブスクリプションモデルの導入のメリットを解説します。


プライシングスプリント

サブスクリプションとは?定額制との違いは?リスクはある?

サブスクリプションとは、消費者が商品やサービスの使用権を定期購入するビジネスモデルです。

サブスクリプションは定額制のうちの一つですが、新聞や雑誌の定期購読のような定額制とは少し違います。

サブスクリプションは長期的に顧客に利用してもらうことで利益が発生する仕組みであるため、従来の定額制に比べて、顧客満足をより重視したサービスとなっているのです。

サブスクリプションでは、ある程度時間が経つと従来の定額制サービスよりも利益が上がります。そのため、近年このモデルが注目されているのですが、実際に導入する際には一時的な利益の低下や、ビジネスモデル変更による社内の混乱などのリスクも存在します。

サブスクリプションモデルに関する詳しい記事はこちら。

サブスクリプションモデルを導入する企業のメリット

サブスクリプションモデルを導入するメリットは多く近年注目されています。動画配信サービスのNetflixでは毎月同じ金額を支払うことで映画やアニメが見放題、というサービスを展開しています。

サブスクリプションモデルは、メリットを提示する上で、「売り切りモデル」と比較されます。売り切りモデルとは、一度商品やサービスを売ってしまえば終わりであるビジネスモデルのことです。

そんなサブスクリプションモデルは、売り切りモデルと比較して、次の3つのメリットがあります。

継続的な収益が見込める

サブスクリプションモデルは、顧客に定額かつ継続的に課金してもらうため、収益に持続性があるビジネスモデルです。新規顧客を獲得しながら、既存顧客から継続的に収益を上げるため収益が安定します。

一方、売り切りモデルでは、製品の販売活動を一度購入してもらった顧客に対しても行わなければいけません。そのため、顧客に購入してもらうための広告費が継続的に必要なことと、継続的な広告を行ったとしても、再購買に至らないこともあり、売上が増加するとは限りません。

サブスクリプションモデルでは継続的な課金が見込めるため、顧客獲得ができると安定的な収益構造が構築できます。

顧客との長期的な関係が構築されることでサービス改善をしやすい

顧客との関係性をサブスクリプションモデルと売り切りモデルで比較すると、サブスクリプションモデルの方が顧客との長期的な関係の構築が可能です。

売り切りモデルでは、1度自社製品を購入した顧客に再度購入して利用をしてもらえるとは限りませんが、サブスクリプションモデルでは、継続的な利用を前提としているため、基本的に2回目の利用をしてもらえます。

そのため、サブスクリプションモデルでは、顧客との長期的な関係を構築できるため、顧客のデータやフィードバックを多く得ることができ、顧客が求める製品・サービスに改善していくことができます。

結果として、顧客ニーズに沿ったサービス改善が進んでいきます。

新規顧客を獲得しやすい

サブスクリプションモデルの場合、将来的な売上を見越して価格設定するため、月あたりや年あたりの価格を安く抑えた価格設定が可能になります。

このためサブスクリプションモデルでは、1度の請求額が小さいことから、新規顧客は気軽に導入できるようになり、新規顧客に試してもらいやすくなります。

売り切りモデルでは商品購入のタイミングで全ての支払いが決まってしまうため、満足度に不安を感じた顧客が購入を避ける場合があり、これを避けられるサブスクリプションモデルは新規顧客を獲得しやすい側面があります。

サブスクリプションの顧客のメリット

サブスクリプションサービスは、顧客にとってもメリットが大きいビジネスモデルです。

「体験価値」を得られる

近年、消費者のニーズが「所有」から「体験」へと移行していると言われています。このニーズの移行は、モノを所有する価値の減少だけでなく、維持費や管理費などを避けたいというトレンドの影響もあります。

一方、サブスクリプションサービスを利用する場合、商品を購入せずに、商品の利用権を購入して体験のみを行うため、管理の手間を避けながら、多様なサービスの体験が可能です。

コストパフォーマンスが良い

サブスクリプションのメリットとして、売り切りモデルの商品を都度購入するよりもコストパフォーマンスが良いことがあげられます。

動画・音楽などのストリーミングであげられるようなUnlimited型のサブスクリプションサービスでは、月額料金を払うことで期間内にサービスを無制限に楽しむことができます。

一方、利用量や利用時間に応じて料金が変わる従量課金制だと、使いすぎてはいけないといった心理的負荷がかかります。

手厚いサポート

サブスクリプションサービスは、顧客の継続率が非常に重要であるため、顧客の課題を解決するための手厚いサポートが用意されている場合が多いです。

問題ごとにはすぐに対応してくれるケースが多いうえ、BtoBサービスでは、明確な問題点がなくてもサービスが効果をあげられるように、伴走してもらえることもあります。

サブスクリプション型モデルのおすすめサービス事例三つ

近年、インターネットの普及により様々なサービスを、オンライン上で提供できるようになりました。また消費者はものを所有する流れから、価値を利用する流れに変わってきています。

そのため、サブスクリプションを導入する企業は近年増えており世界の時価総額トップ30の企業のうち約半分はサブスクリプションのサービスを提供しています。

次は、そんな近年注目されているサブスクリプションの成功事例について紹介します。

音楽配信サービス

音楽配信サービスで成功している例としてSpotifyが有名です。Spotifyでは毎月定額を支払うことで数千万曲の音楽が聴き放題のサービスを提供しています。

価格帯は4種類あり、家族向けのプランや学生割プランなど、様々なプランがあります。

プラン 価格 特徴
Standard 980円 1アカウントまで
Duo 1,280円 2アカウントまで
Family 1,580円 6アカウントまで
Student(大学生学割) 480円 1アカウントまで

Spotifyの一番大きな特徴として、プレイリスト機能が充実していることが挙げられます。

Spotifyには世界中の人が作った30億以上ものプレイリストがあり、シーンにあったもので選ぶことができます。また過去にユーザーが聴いた曲をAIが分析し自動的にオススメしてくれるサービスも充実しています。

自動車レンタルサービス

自動車レンタルサービスで成功している例としてタイムズアーシェアが挙げられます。

月額料金を支払うことで、24時間いつでも車を借りることができるというサービスを提供しています。

使用する際の料金は、月額料金にカード発行料1,650円(初期費用)と、利用時間に伴った金額が上乗せされるという仕組みになっています。

プラン 価格 特徴(車種)
ベーシック 220円/15分 ソリオ(SUZUKI)、ノート(NISSAN)など
ミドル 330円/15分 シエンタ(TOYOTA)、フリード(Honda)など
プレミアム 440円/15分 セレナ(NISSAN)、MINI One CROSSOVER(BMW)など

タイムズカーシェアの大きな特徴として13,000箇所のステーションを保持しており、業界1位の数となっています。また、全国すべてのステーションを利用することができる上、時間は15分単位で利用することができます。

 

動画配信サービス

先述しましたが、動画配信サービスで成功している例としてNetflixが挙げられます。Netflixでは毎月一定の金額を支払うことで、映画やアニメが見放題というサービスを提供しています。

料金プランは次のようになっており、三つのプランに分かれています。

プラン 価格 特徴
ベーシック 990円 1台まで、標準画質(SD)
スタンダード 1,490円 2台まで、高画質 (HD)
プレミアム 1,980円 4台まで、超高画質(4K)

Netflixでは特に海外の映画やオリジナル作品が充実していることが挙げられます。英語字幕や英語音声に対応しており、英語の勉強としても利用することができます。また、Spotifyと同じように過去に見た作品をAIが分析し、オススメを提示してくれるというサービスも充実しています。

まとめ

サブスクリプションは、これからも多くの業界で導入が加速していくでしょう。それにあたり、サブスクリプションモデルの新事業を始める方や、既存事業をサブスクリプションモデルに移行する方もいらっしゃるかと思います。

この記事では、サブスクリプションモデルの企業目線でのメリットとして、「継続的な収益が見込めること」「顧客との長期的な関係が構築されることでサービス改善をしやすい」「新規顧客を獲得しやすいこと」をあげました。

また、サブスクリプションは、企業にとってメリットがあるだけではなく、顧客にとっても高い満足度が期待できるモデルです。ぜひ、導入をご検討の際は、プライスハックにお問い合わせください。

カテゴリー
サブスクリプション

リカーリングとは|サブスクリプションとの違い・メリット・デメリット

近年、従来の売り切り型モデル(1度きりの単発購入)とは違うビジネスモデルが流行しています。そのうちの1つが、「リカーリング」です。

この記事では、リカーリングとはなにか、サブスクリプションとの違い、メリット・デメリットを解説します。

リカーリングとは

リカーリングとは、英語で「繰り返す」という意味で、繰り返し継続した収益を目的とし、定期的に顧客に利用料金を請求できるシステムです。

定期的に顧客は支払いをするため、企業にとっては安定的な収益を得られます。

リカーリングとサブスクリプションの違い

リカーリングは継続的な収益があげられるシステムであるため、サブスクリプションはリカーリングの一種です。他にも毎月や毎年の利用量に応じた従量課金制の支払いを定期的におこなうものもリカーリングになります。

一般的に「サブスクリプション=定額制」「リカーリング=従量課金制」と区別されることがありますが、この考え方は間違いです。

リカーリングの代表的な事例

定額制ではないリカーリングの例として、電気代などの公共料金があげられます。電気代の支払いは、毎月電気を使用した量に応じた料金を電気会社に支払います。

リカーリングのメリット

リカーリングのメリットとしては、顧客に継続的な支払いを促すため、収益が安定することがあげられます。

継続的な収益の安定化は、将来得ることができる利益を予測でき、事業に対してより有意義な投資をおこなうことが可能です。

顧客にとってもリカーリングは、自動的に金額が引き落とされるという手軽な請求システムのもとでサービスを利用することができるのがメリットです。毎月支払ったかどうかについて不安になったり、記憶を辿ったりする必要がなくなることは、顧客側の精神的ストレスを軽減させることにつながります。

リカーリングのデメリット

リカーリングのデメリットは、顧客に請求するためのシステムを構築する難しさがあげられます。定期的な支払い請求の管理は、1回限りの製造・販売商品においての請求よりも複雑です。

顧客によって請求サイクルや金額の支払い方法、契約期間などが異なるため、顧客それぞれの情報を管理するためのツールやプロセスを構築することが求められます。また、請求方法が複雑になるにあたって、顧客に対する請求エラーが起こる可能性も考えられます。

まとめ

リカーリングとは、繰り返し継続した収益を目的とし、定期的に顧客に利用料金を請求できるシステムです。定期的に顧客は支払いをするため、企業にとっては安定的な収益を得られます。

定期的な収益をあげられる点で、サブスクリプションはリカーリングの1種です。

価格・プライシングに関してお悩みの事業者様は、一度プライスハックにお問い合わせ・相談してください。

カテゴリー
サブスクリプション

サブスクリプションのデメリットを企業・顧客目線で解説

もちろん、サブスクリプションモデルは顧客データを蓄えられる・売上が安定するなどのメリットがあります。一方で、サブスクリプションにおけるデメリットも考えられます。この記事では、サブスクリプションにおけるデメリットを企業目線・顧客目線から解説します。

サブスクリプションを導入する企業のデメリット

サブスクリプションを導入する際の企業側のデメリットを3つご紹介します。

短期的な利益・売上の低下

サブスクリプションの導入は、短期的な利益が見込めず、売上が低下してしまうことがあります。

サブスクリプションは、顧客に定額かつ継続的に課金してもらうことで、収益に持続性があるサービスです。顧客が手を出しやすく、かつ継続しやすい価格の設定が必要になります。

その反面、サービスを展開する上でシステム構築費用や新顧客獲得のための販売促進費用が必要になるため、顧客1人あたりの商品単価が下がります。サブスクリプションを提供する企業は、利益を得られるまでの期間を乗り切らなければなりません。

ビジネスモデルの転換に伴う社内混乱

ビジネスモデルの転換に伴い、既存の事業形態との価値観の違いにより、社内混乱が発生する場合があります。

既存の事業が製造・販売型のビジネスであれば、売れ行きの良い商品を開発し、短期的に利益を求めることが求められてきました。

しかし、サブスクリプションの場合は、少額の月額料金を継続的に積み立てることによって長期的に利益を得るという考え方に意識を変えなければなりません。それに伴い、顧客がサービスに求めるものも「サービスを所有する」というものから「サービスに出会ったり、体験する」という概念に変化することを社員が十分に理解する必要があります。

既存の事業やビジネスで通用していた概念や意識を根本から変える必要があるため、社内での反対が起こりやすくなります。社内教育などを通じて、社員が納得した環境で取り組むことが必要不可欠です。

業務オペレーションの変革

サブスクリプション導入により、業務オペレーションの変革を行う際に、部門ごとの負担に偏りが生まれてしまう場合があります。

サブスクリプションの企業側のメリットとして、「顧客との関係が構築されることで、サービス改善をしやすい」点があげえられますが、サービスを改善できるメリットが存在する反面、デメリットも存在します。

サービス改善が重要視されているため、常に改善を繰り返さなければいけません。サービスの解約率にも影響してくるため、サービスの開発部門は他の部門に比べて負担が大きくなります。

また、開発部門だけでなく、既存顧客からのデータを収集・分析するカスタメーサポート部門も大きな負担を担うことになります。カスタマーサポートの対応は、利用する顧客の満足度にも影響する重要な役割です。製造・販売事業では、営業部門が中心となって企業が動いて分、変革の際の社内での理解は必要不可欠になると考えられます。

サブスクリプションの顧客のデメリット

サブスクリプションサービスは、顧客にとってもデメリットが存在します。

長期間利用する場合はトータルコストが高くなる可能性がある

導入時の費用は低価格で済みますが、長期利用した場合トータルコストが高くなる可能性があります。

音楽や動画配信サービスなどの「コンテンツ系サービス」は、低価格かつ無制限でサービスを使用することできます。しかし、家電や自動車、ブランド品などのサブスクリプションなどの高価な商品におけるサブスクリプションサービスでは、長く使えば使うほど買った方が効率が良かったり、割安なことがあります。

全ての場合に共通するデメリットではありませんが、サブスクリプションによってはトータルコストが大きくなる可能性を念頭に、期間を限定した上で利用した方が良いでしょう。

サービスを利用していなくてもコストがかかる

サブスクリプションサービスでは、利用していなくてもコストがかかります。

音楽サービスや動画配信サービスなど支払い額が少額の場合、解約し忘れて支払い続けていたり、無料期間を過ぎて金額が発生したりしているケースがあります。日常生活の当たり前になっているからこそ気づかないことも多く、使っていなくても解約しない限り毎月の支払いが発生してしまいます。

契約しているサブスクリプションに関しては、支払い金額や解約したサービスは正式に解約されているか定期的にチェックする必要があるでしょう。

値上げのリスクがある

サブスクリプションサービスの値上げのリスクがあげられます。2020年に4月1日に施行された民法改正の際に追記される定形約款(定期取引)の項目において、事業者側はあらかじめ料金変更の可能性を明記していれば、契約期間中であっても随時料金を変更することが認められています。

代替サービスのない商品や比較的的料金が高額な場合は、値上げの可能性も踏まえた上で利用する方が良いでしょう。

まとめ

サブスクリプションは、これからも多くの業界で導入が加速していくでしょう。それにあたり、サブスクリプションモデルの新規事業開発や、既存事業をサブスクリプションモデルへの移行を検討している事業者様も多いと思います。

この記事では、サブスクリプションの企業側目線でのデメリットとして、「短期的な利益や売り上げの低下が考えられる」「ビジネスモデルの転換に意識変革の難しさ」「業務オペレーションの変革」をあげました。これら3つのデメリットは、社内環境の変化に対する社員の意欲の維持に影響してくるということができるでしょう。顧客のことを1番に考えることが必要なサブスクリプションサービスだからこそ、社員に対する対応が蔑ろになってしまいやすいので、気をつけた方が良いでしょう。

メリットでもご紹介した通り、今回紹介したデメリットに気をつければ、企業にとってメリットがあるだけではなく、顧客にとっても高い満足度が期待できるモデルです。ぜひご検討の際はプライスハックにご相談ください。